財布は、カルバンクラインがお気に入りです。

今使っている財布は、カルバンクラインの長財布です。
お値段は元が1万円台後半のものを、3千円くらいに下がったものです。
偽物ではなく、本物のカルバンクラインですが、安く手に入ります。

 

創設者のカルバン・クラインはもう引退しているのですが、
名前の響きが好きなのでずっと愛用しています。
ちなみに、カルバン・クラインはアメリカのデザイナーです。

 

新宿伊勢丹にはckカルバン・クラインの店舗があるのですが、
そこではウィンドウショッピングしたりします。
毎回は買えませんので、本当に見るだけです。

 

ちなみに、時計と下着もカルバンクラインをよく利用してます。
どれも洗練されたデザインで素晴らしいです。

 

使っている財布の表はロゴが自己主張し過ぎていないですし、
財布の素材も固すぎないのでお気に入りです。形は一般的な長方形です。

 

長財布はどれもそうですが、小銭入れがちょっと狭い感じがしますね。
けれど元々、小銭は別で小銭入れに入れているので気になりませんでした。
現在は端数が足りない時のために、数十円入れてあるだけです。

 

カード関係は重ねて入れず、1枚ずつなら10枚入ります。
私の場合は、薄い紙のカードは重ねてしまうので20枚くらい入ってます。
レシート類を入れると、分厚くなって見苦しくなるので入れません。
どうしても取っておく場合は、小銭入れに折り曲げて入れてしまいます。

 

私の財布の色は黒なので、あまり一般的な女性には向かないですね。
ただ、カルバンクラインじゃないですが、一度だけ女性が持ってるのを見た事があります。
背のスラッと高い、スーツ姿の格好良い女性でした。
その時は、堅めのメンズ風なファッションの女性にも合うんじゃないかなと思いました。

 

もし、誕生日などのプレゼントで財布をもらうとしたら、やっぱり、カルバン・クラインですね。
今はバッグに入れて持ち歩きたいので、ラウンドファスナー付きの長財布が欲しいと思ってます。
重厚感があると、なんだかお金が貯まる気がしますし、使ってみたいので。

 

ただ、プレゼントの場合は、その他のブランドでも気になりません。
プレゼントされることが嬉しいので、ブランド物じゃなくてもいいものです。
もちろん、高価なプレゼントなら嬉しいには違いありませんけれど。

 

そして、もしカラーが選べるとしたら、黄色からオレンジの中間色なんかがいいですね。
茶色だと、身の丈にあってないですし、中年臭くなるので出来るだけ避けて欲しい色です。

 

参照 →【 財布メンズ大特集 】人気ブランドの2つ折り・長財布ランキング

 

財布は長財布、そして一億円札も入れてます。

 

数年前までは、財布に対するこだわりはほとんどありませんでした。

 

ブランド物だったらどこの物でも構わなかったんです。
そんな私が財布を意識し始めたのは、結婚し子供も生まれ、
資産設計などを考えるようになってからです。お金の事を意識し始めると、
どうやったら貯まるかを自然と考えるようになりました。

 

そして、お金持ちの持っている財布はどんな物かに魅かれ、私自身も同じように真似をするように。
まず、長財布に買い換えました。
お札を折らずに使えるので諭吉さんがとっても嬉しそう。

 

そして張る、にかけて買い替えは春にしましたし、
1〜2年ごとに新しい財布に交換するのがいいと聞いてからは、
2万円前後の財布を定期的に変えるように心がけています。

 

やはりお札自身も綺麗な(新しい)財布の方が居心地いいと思いますしね。
好きなブランド財布は、シャネルかヴィトンです。
憧れはエルメスですが、今はまだ手が出せません。
いつか新しく財布を買い換える時にエルメスを持てたら素敵なのですが、これはもう少しの辛抱ですね。

 

財布の中には、一万円札で折った一億円札を忍ばせています。
金運が上がるように思いを込めて。

 

その他に、神戸三宮にある生田神社で買ったお守りも入れています。
カードタイプのお守りで、金色っぽい黄色のお守りなんです。
持ってるだけで、財布を開けて眺めるだけで、お金がそこに舞い込んでくるような錯覚を覚えます。

 

財布を持つ時に気をつけたいのが、特に男性の方。
よくズボンの後ろポケットに財布を入れている方がいらっしゃいますがそれは避けた方がいいらしいです。
お尻の下に財布を敷くので、よくないんですって。
私もそれを聞いて以来、夫にも注意してズボンのポケットには入れさせないようにしています。

 

どんな財布でも、お金が貯まる人は貯まるだろうし貯められない人は貯まりません。
それはよくわかってはいますが、やはり気持ちの問題ですものね。
同じ財布を持つなら、中身がぐんと増えるようにと願いながら持っている方が、
お金も貯まりやすいとは思いませんか?

 

今後も、今以上にお金を大切にするという意味も兼ねて、
定期的に長財布を購入しようと思っています。

 

黄色いお財布が良いそうですが、まだ黄色の財布は買ったことがありません。
次回購入する際に悩んでみようと思っています。
長財布でお札をおらず、一億円札入れてお守り持って。
たかが財布一つでそこまで変わるかと思われそうですが、これも心の持ち方。
私はきっと将来お金持ち。そう信じて突き進もうと思っています。

 

男性にとって気になるもう一つの悩み

 

男性にとってはもう一つコンプレックスがありますよね。

 

ゼファルリンなどのサプリで増大しようとするか、
「器具を装着する」ことが、一つの選択肢となってきます。
このペニス増大サプリや器具にはどのようなものがあり、効果はどの程度のものなのでしょうか?

 

ペニス増大器具の種類

 

ゼファルリン以外のペニス増大器具には、大きく分けると2種類あります。

 

◎牽引式
牽引式は、半勃起状態のペニスを引っ張った状態で固定することにより、
ペニスを長くするという器具です。
3〜5cmの効果があると言われていますが、これは個人差もあるため、
効果が保証されるということではありません。

 

◎ポンプ式
半勃起状態のペニスをポンプで吸引し、ペニスを大きくしようとする器具です。
ポンプ式はペニスを全体として吸引しますので、
引っ張るだけの牽引式が、ペニスを「長くする」だけであるのに対し、「太くする」効果もあると言われています。

 

ペニス増大器具のデメリットは?

 

ペニス増大器具を使用する場合、まずどうしても、「時間がかかる」ことがデメリットとなります。

 

牽引式増大器具の場合には、1日に4〜8時間つけっぱなしにし、
これを数ヶ月間にわたって続けなければなりません。

 

器具の取り付けや取り外しに時間がかかりますから、どうしても手間がかかる上に、
ズボンを履くと、どうしてもペニス部分が膨らんだようになってしまいます。
ゼファルリンのような増大サプリと比べると大きなデメリットです。

 

さらにペニスが意図せず不意に勃起してしまった場合、
器具を取り外さなければならないのも面倒です。

 

ポンプ式増大器具の場合は、1日に20〜40分装着すればいいことになっていて、
牽引式に比べ、時間が短くはなっています。
ただ牽引式が装着したままズボンを履けるのに対し、
ポンプ式の場合は、ペニスを露出したまま装着しなくてはなりません。

 

器具を装着しているあいだ、テレビなどを見ていればいいわけですが、
これは奥さんやお子さんなど、家族がいる場合には、あまりオススメできることではありません。
ゼファルリンを含むサプリの方がオススメですね。

 

またポンプ式増大器具を使うと、ペニスが黒ずむことがあるのも、
デメリットと感じる人もいるかもしれません。
ただ「黒ずんだペニスのほうが男らしい」と感じる人にとっては、
これはメリットであると言えるでしょう。

 

包茎の問題点

包茎は、真性包茎、カントン包茎の場合には、基本的に手術をする必要があります。
真性包茎は、包皮が亀頭を覆ったままで、手で剥こうとしても剥くことができません。
ですから正常な性行為が困難で、生活に大きな支障をきたすこととなります。

 

またカントン包茎の場合にも、非勃起時には包皮を手で剥くことはできるものの、勃起するとやはり手で剥くのも困難です。
ですからやはり、カントン包茎の場合にも、手術は必要となってきます。

 

ただ仮性包茎の場合には、勃起時にも包皮を剥くことができますから、性行為は可能であり、生活にそれほど大きな支障をきたすことはないようにも思えます。
ただ仮性包茎の場合にも様々な問題点があり、手術を決意する人も少なくないといわれています。
手術に抵抗を感じる人は、まずはじめにゼファルリンなどの増大サプリを試すのも手です。

 

不潔になりやすい

仮性包茎の場合でも、包皮は基本的に亀頭を覆っていますから、尿などのカスが包皮と亀頭のあいだに溜まり、細菌が繁殖することになりがちです。
そうなるとまず、悪臭を放つため、パートナーの女性は嫌がります。
さらに感染症や性病にも、仮性包茎の男性はなる確率が高いといわれています。

 

早漏になることがある

仮性包茎の男性は、「早漏になりやすい」といわれています。
仮性包茎の男性の陰茎は、亀頭が常に包皮で覆われた状態です。
そうなると、どうしても亀頭が敏感になりがちdす。

 

敏感な亀頭は、性行為のちょっとした刺激で、すぐに射精してしまうことになります。
このように仮性包茎では、女性を十分満足させられないことがあるのも、大きな問題だといえるでしょう。

 

 

子宮がんの原因ともなることがある

仮性包茎の男性のパートナーは、子宮がんになる確率が高いといわれています。

 

子宮がんは、ウィルスが一つの原因となるそうです。
そのウィルスが、仮性包茎の包皮と陰茎のあいだに溜まった、尿のカスの中に潜んでいることがあるといわれちます。

 

ですから仮性包茎の男性と性行為をする女性は、膣内や子宮が感染症にかかったり、最悪の場合には子宮がんになったりしやすいことになるわけです。

 

仮性包茎が、自分自身の問題だけで済むのであれば、自分がガマンすればいいことですが、パートナーの女性にまで影響が及ぶとなると、これは大きな問題です。

 

現在は、このことが理由で、仮性包茎の手術を受ける人も、少なくないといわれています。
でもそれも、当然のことかもしれないですね。

 

 

包茎手術の方法は?

包茎の場合、手術による治療を考える人も少なくないと思います。
現在では包茎手術はまったく痛みもなく、30〜40分程度の時間で行うことができます。
費用も5万〜15万円程度が相場ですから、コンプレックスに悩まされ続けるよりは、手術をしてしまうほうが正解かもしれませんよね。

 

包茎手術には、いくつかの方法があります。
それぞれメリットとデメリットがありますので、ここで紹介したいと思います。

 

 

亀頭直下埋没法

 

亀頭直下埋没法は、包茎手術の方法として最もポピュラーなものだといえると思います。
手術の方法としては、余っている包皮を切除して、亀頭のすぐ下のところで縫合するというものになります。

 

亀頭直下埋没法は、縫い目が亀頭直下になるため、目立たないことが特徴です。
入院の必要のない、簡単な手術方法で、また勃起しても包皮のつっぱり感が少ないといわれています。

 

 

環状切除法

 

環状切除法は、病院の泌尿器科で採用されることが多い手術方法です。
包皮を切除して、亀頭の5mm〜1cmくらい下のところで縫合します。

 

環状切除法は、亀頭の冠状溝の部分で縫い合わせることになりますので、縫い目が目立ちにくいとはいわれています。
ただ陰茎の先端部分と根元の部分とが色が違う場合、「ツートンカラー」と呼ばれる色のコントラストができてしまう場合があります。

 

 

根部切除法

 

包皮を切除し、縫合を陰茎の根元で行う方法です。
陰茎の根元は、ちょうど腹と陰茎の境目となり、また陰毛もありますので、縫い目が目立たないのが特徴です。

 

ただ根部切除法は、手術が難しいことで知られています。
手術後数ヶ月間、腫れが引かないなどということも少なくないといわれています。

 

根部切除法は手術に執刀医の高度なテクニックと知識が求められることから、この方法で包茎手術が行われることは、それほど多くありません。

 

 

包皮小帯温存法

 

男性の性感帯である、包皮小帯(裏筋)を切除せず、性感を低下させることなく包茎手術を行う方法です。

 

一般に包茎手術は、包皮を環状に切除するため、場合によっては性感が低下してしまうことがあります。
しかし包皮小帯温存法なら、性感を低下させることが基本的にありません。

 

ただ包皮小帯温存法は、包皮を複雑な形で切除する必要があり、執刀には医師のテクニックが要求され、また費用も高額になるという欠点があります。

 

以上が包茎手術の方法です。
軽度な包茎で、いきなり手術するのは怖いという人は、手はじめにゼファルリンなどの増大サプリを試してみることをおすすめします。